お役立ち情報|土地売買情報

HOME > 土地売買情報

土地売買をお考えのお客様

売却をお考えのお客様

売却をお考えのお客様

売却をお考えのお客様の参考手順

インターネット等の活用で無料で情報入手

いまでは、不動産の最新情報はインターネットで瞬時に検索できます。最新の物件情報や、購入を考えている物件価格など相場観を養っておく事が大切です。今、売却を考えている物件がどのくらいで売れるのかある程度把握しておくといいでしょう。

信頼できる業者の選び方

住まいの売却だけではなく購入もそうですが、信頼できる仲介業者等の不動産会社に出会う事が大切です。当社もそうですが、信頼できる不動産会社は必ずお客様のご期待に応え、新しいLINK(つながり)をお客様を中心に築き上げてくれることでしょう。
また、信頼できる業者には細かいことまで相談することがポイントです。的確なアドバイスをしてくれるだけでなく。そこから有利な情報を先取りし提供する事により、お客様自身が気づいていない欲求も見つけ出し解決してくれることでしょう。

売却価格

では、信頼できる業者と一緒になって、売却を考えている物件の価格を算出しましょう。当社では実際に、いくらで売れたのか、ご近所で似たような住まいや土地が実際に取引された実勢価格を参考に当社独自のノウハウなどにより、売れる価格を割り出します。
参考までに、土地であれば、毎年発表される公示価格や基準地価格は一般の土地取引の指標として活用されています。 ですがあくまでも指標ですのでやはりプロの査定が一番、時価に近いと思われます。

諸経費の把握

売買価格 − 諸経費 - 税金 = 手取り金額

諸経費には一般的に次の5つ等がかかります。

@ 仲介手数料
仲介の場合に支払う報酬で、通常は「売買金額×3%+6万円+消費税5%」です。
A 司法書士等の登記費用
所有権移転に必要な住所変更、相続などの登記費用。
売却する物件にまだ抵当権が設定されている場合は抹消手続きをしてもらいます。(所有権移転登記の費用は、通常買主が負担する場合が多いようです。)
B 測量費用
登記簿上の面積(公簿面積)と、実際の面積(実測面積)に「違い」がある場合には必要です。
C 印紙代
1千万円を超え5千万円以下のもの 1万5千円
5千万円を超え 1億円以下のもの 4万5千円
1千万円を超え5千万円以下のもの 1万5千円
1億円を超え 5億円以下のもの 8万円
5億円を超え 10億円以下 のもの 18万円
10億円を超え 50億円以下のもの 36万円
50億円を超えるもの 54万円
「不動産の譲渡に関する契約書」で、記載された契約金額が1千万円を超え、かつ、平成9年4月1日から平成21年3月31日までの間に作成されるものは、印紙税額が軽減されています。
D 引越し費用
[売却時の税金]
譲渡所得に対する所得税と住民税 土地や建物を売却し、譲渡益(利益)が出た場合には、その譲渡益に対し課税されます。
各種の控除制度もありますので、詳しくは営業スタッフにお問合せください。

売却の実行手順

媒介契約の締結
ご売却の決心がつきましたら、売買価格を決定して、当社と直接売買契約を結ぶか、売却依頼の契約(媒介契約)をおこないます。買い換えのお客様には買取保証システムもあります。

媒介契約の場合の種類
一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがありそれぞれの違いは下記です。

  媒介の依頼先 自己発見取引
一般媒介契約 複数社も可能 可能
専任媒介契約 1社のみ 可能
専属専任媒介契約 1社のみ 不可

媒介契約の場合
売却活動 → 契約条件の調整 → 不動産売買契約の締結 → 物件の引き渡し準備 → 代金決済終了後に引き渡し
という流れでおこないます。

当社では、会計事務所にて勤務経験のあるスタッフを中心に税務対策 も考慮し、お客様に一番あった売買プランの実行を目指し、より多くのキャピタルゲインの発生を目指します。

参考

【居住用財産を譲渡した場合の課税の特例】
自己の居住の用に供していた家屋およびその敷地である土地を譲渡した場合には、居住用財産の3,000万円控除や居住用財産の買換特例など譲渡所得税・住民税が軽減される特例があります。
【居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例】
譲渡した年の1月1日における所有期間が10年を超える居住用財産を譲渡した場合、3,000万円の特別控除に加え、特別控除後の譲渡益に低率による分離課税が行われます。
【居住用財産の買換えの特例】
所有期間が10年を超える居住用財産を譲渡し、一定期間内に新たな居住用財産を取得した場合には、譲渡所得について課税の繰延べの特例、いわゆる居住用財産の買換えの特例の適用を受けることができます。
【居住用財産の譲渡損失の損益通算と繰越控除】
所有期間5年を超える居住用財産を譲渡したことにより損失が発生した時には税金が軽減される特例があります。
  • お役立ち情報
  • 土地売買情報
  • 不動産投資Q&A
  • 不動産投資用語集
  • 購入・売却のお問い合わせ
  • 不動産投資Q&A
  • 不動産投資用語集
  • 今なぜ不動産投資?